セラミック治療に関して

Q.銀歯を目立たなくしたいのですが…
A.銀歯のつめものを一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。
Q.奥歯をセラミックにしたいのですが、割れることはありますか?
A.セラミックは天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますが、割れることはあります。なるべくリスクを下げるため、セラミックを入れた方には、就寝時のマウスピースをおすすめしています。
また、割れにくい素材のフルジルコニアやプレスセラミックなど、患者さんの希望に沿った治療を提案しますので、ご安心下さい。
万が一の時は、保証期間も設けております。
Q.セラミックが変色することはありますか?
A.セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。
もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。
Q.かぶせものは、歯ぐきが黒く変色すると聞いたことがあります…
A.オールセラミッククラウンなら、黒くなることはありません。さらに、土台を金属製ではなくファイバーコアにすることで、歯ぐきとの境目も黒くなりません。
なお、どちらも金属を使用しないため、金属アレルギー体質の方でも安心して使用できます。
Q.金属アレルギーですが、治療できますか?
A.セラミッククラウン・セラミックインレー・レジンなどの素材は金属製ではないため、金属アレルギーの方も安心して治療できます。

Q.治療期間中、歯のない期間はありますか?
A.歯のかぶせものを外したり削った後は、仮の歯を入れます。
普段の生活には支障はありませんのでご安心ください。また、装着した仮の歯を参考に最終的な歯の形態をご相談しながら決定します。

Q.歯と歯の隙間が気になるのですが…
A.いわゆる“すきっ歯”には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。
とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。