インプラント

インプラントに不安がある

「第二の永久歯」ともいわれるインプラントは、失ってしまった歯の代わりにインプラント体を埋め込む治療法です。インプラントは、「入れ歯」と比較すると、以下のようなメリットがあります。

<インプラントのメリット>

0867001001

  1. 噛む力が自然で歯に近い
  2. お手入れが比較的しやすい
  3. 食事の間にはずれる心配がない

さらに、当院では、インプラントは失ってしまった歯の「代わり」になるだけではなく、残った歯を長持ちさせるのにも役立つ、という考えのもと、治療を行っています。ブリッジや入れ歯は、残っている他の歯にひっかけて固定するため、どうしても固定された歯に負担がかかってしまいますが、インプラントは、それがないのです。当院には「残った歯を大切にしたいから」という理由で、インプラント治療を選ばれる患者さんも多くいらっしゃいます。

しかしながら、インプラントは外科処置ですので、万が一のトラブルが大きくなるという欠点もあります。
昨今、インプラントのトラブルが話題になったのをご存知の方も多いと思います。

 

インプラントのトラブルを避けるには

1.必ずCT撮影をし、シミュレーションをする

通常、歯科で撮影するレントゲンは平面です。平面の情報だけではインプラントはできません。骨の高さ、厚み、神経や血管までの距離など、3次元的に診査をしなくてはなりません。

事前に十分なシミュレーションができて、初めて手術が行えるのです。

2.感染予防を徹底する

インプラントは外科処置ですので、徹底した感染予防が必要です。器具の滅菌や、衛生的な手術室などが求められます。

3.サージカルガイドを使用する

サージカルガイドとは、CTデータと模型を重ね合わせて作られる、インプラント手術用のマウスピースのようなものです。

インプラントの手術の際に、歯間(不確定)とあごの骨に、インプラントを埋入する穴をあける工程があります。
その際に専用のドリルを使用するのですが、ドリルが少しでもぶれてしまったり、角度が違ってしまうと良くありません。

それを防ぐのが、サージカルガイドです。マウスピースに正確にあけられた穴に専用のドリルを入れることにより、ドリルが安定し、また、方向や深さなど、計画通りのインプラント埋入を行うことができます。

当院では、安全なインプラント治療のために、できるだけサージカルガイドの使用をお願いしています。

4.インプラントする部分だけでなく、全顎的な治療をしっかりする
(歯周病、根管治療、咬み合わせなど)

インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病のような状態(インプラント周囲炎)にはなります。隣の歯に膿のふくろがあって、そこから感染することも考えられますし、咬み合わせの力がかかりすぎると、支える骨が減ってしまうこともあります。

つまり、“インプラントのところだけ治療する”というのはありえないということです。

当院では、歯周病治療などに同意していただけない場合、インプラントはお断りさせていただいています。

5.治療終了後、定期的にメンテナンスをする

これはインプラントに限ったことではないのですが、治療したところが永久に大丈夫ということはありえません。定期的に状態をチェックしてトラブルを未然に防ぎ、もし何かあっても早めに対処することが重要です。

 

これらのことをしっかり守ることにより、インプラントのリスクを限りなくゼロに近づけるよう努力しています。

インプラントに興味はあるけど不安という方は、まずはご相談ください。

相談しても無理にインプラントを勧めることはありませんし、まず第一にあなたの歯を残すことを考えますので、ご安心ください。