予防歯科

虫歯や歯周病になりたくない

「歯医者は歯が痛くなってから行くところだ」
あなたは歯についてこんな風に思っていませんか?

「予防歯科」とは、これまでの「痛くなったら治療する」という考え方ではなく、「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。

具体的には、治療終了後に定期的(目安として3か月に1度)に医院に来院してもらい、虫歯や歯周病、ブラッシング状態のチェックをするとともに、お口の中のクリーニングやフッ素塗布を行います。

やっと治療が終わったのに、なぜこのような事が必要なのでしょう?

虫歯だった歯は『治った』ではなく、『虫歯がなくなって、人工物で置き換えた」状態なので、歯と人工物のスキマから虫歯になりやすい!

歯周病治療で改善したポケットは『元々よりも弱い力でくっついている』ので菌が溜まると再発してしまう!

このような事にならないために大切なのが、患者さん自身によるブラッシングなどの日々のセルフケアと、歯科衛生士による定期的なプロフェッショナルケア=メンテナンスです。
100%完璧な歯磨きは不可能ですから、少しずつ汚れは溜まっていきます。
これらを定期的にチェックし、お口の中をピカピカにすることで、菌の棲みか(バイオフィルム)を破壊し、虫歯や歯周病の再発を防ぎます。もし、問題があった場合でも早期に治療することができます。

3ヶ月ごとにメンテナンスを行うと、抜歯になる歯が著しく減少する、という有名な論文もあります。
あなたのお口の健康を守るため、3ヶ月後のメンテナンスには必ずお越しください!!

当院の予防歯科の特徴

1.虫歯と歯周病の予防とともに審美効果も。プロによる「歯垢除去」=PMTCを行っています

pmtcPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、専用器具とフッ化物入りのペーストを用いて、お口の中の歯垢(プラーク)を除去する方法です。

歯周病、虫歯の改善・予防に効果があり、フッ素入りジェルを用いることで再石灰化を促進し歯を強化します。さらには、着色汚れなども除去でき、歯面をツルツルに仕上げますので、審美的効果もあります。

 

2.一人ひとりに合ったブラッシング方法をご提案

「歯磨きしているのに虫歯になってしまう」のはどうしてでしょう?それはご自身にあった方法でブラッシングが行われていないからです。染色液でチェックすると、意外に磨き残しが多く見られる場合があります。

磨きグセがあったり、奥歯にしっかりブラシが届いていなかったり、これでは虫歯は進行してしまいます。当院では、プロの視点から患者さん一人ひとりに合ったブラッシング方法をご提案しています。「ちゃんと磨いていても虫歯になってしまう」という方、ぜひ一度ご相談ください。