虫歯治療

ここでは、当院の虫歯治療の特徴をお話しします。

虫歯はちょっとずつ削ります

タービン

タービン

みなさんが嫌いなあの“キーン”という音の機械。(タービンといいます。)

タービンで一気に削ると治療は早く終わって、まるで名人のようです。

しかしタービンは1分間に30万回転もする為、どうしても削りすぎになりやすく、術後の痛みも出やすい傾向にあります。

 

当院ではタービンも使いますが、深い部分はスコップのような器具でカリカリと圧をかけずに少しずつかきとります。

その際には、虫歯だけを赤く染める薬を使います。

余計な所を削らずに、術後の痛みを少しでも少なくするための工夫です

エキスカ うしょく検知液

自分の虫歯を見て下さい

“治ったよ”と言われたけど、どんな虫歯をどう治療したんだろう? そんなことを思ったことありませんか?

口腔内カメラ

口腔内カメラ

特に上の奥歯などは自分では見えないので、不安になりますよね。

当院では鏡や口腔内カメラを使って、虫歯の状態や治療後の状態を確認してもらっています。

しっかり治療してあると安心してもらう意味もあるのですが、一番見てほしいのは虫歯を削ったその穴です。

“削ったところはなくなってしまう”という事実を見て、“他の歯は削りたくないな、予防したいな” そう思っていただきたいと考えています。