ようこそ

  • TOP >
  • はじめてのかたへ

はじめてのかたへ

数ある歯科医院の中から、サンプラザ歯科クリニックに訪れていただき、ありがとうございます。
当院は、最新設備と丁寧な治療、そして、予防とメンテナンスを重視して、末長く皆様のお口の健康を守ることを目指しています。
ここでは、当院の治療に対する考え方、モットーを紹介します。

歯医者は痛くて怖い?

「こんなにひどい虫歯で、先生に怒られそう…」
そんなことはありません。

incho_01「こんな状態では先生に怒られるかも」と来院を躊躇していらっしゃる方は多いのではないでしょうか?
治療で怒られたり、怖い経験をなさったことのある方にとって、歯医者さんへのイメージはあまり良いものではないかもしれませんね。

 

しかし当院ではそのようなことはありません。誰も好きで虫歯になるわけではありませんし、そもそも虫歯は細菌が引き起こす病気です。病気になって辛いのに怒られるなんておかしいですよね?

まずは勇気を出して、当院に相談に来てください。

痛みの少ない治療について

「歯医者は痛くて当然」 そんな誤解をしていませんか?

歯医者さんに行かなくてはならないとわかってはいても、「治療が痛いから」と先延ばしにしてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方は、ぜひ当院にお越しください。

私たちは、「歯医者は、痛くてもしかたない」とは、けっして考えていません。「治療は痛い」という患者さんの思いこそが、さまざまな歯の病気の早期治療、継続治療を妨げる原因だと考え、「痛みの軽減」に対し、細心の注意を払っています。

当院で治療をされた患者さんの中には、「痛みが少ないと聞いて来院した」とおっしゃる方や、「丁寧に麻酔してくれたので、ほとんど痛みを感じなかった」という声をいただいています。痛みという苦痛が少ないからこそ、きちんと通院することができ、早めに治せる、しっかり治せるのです。

 

当院の麻酔の特徴

1.麻酔をする前に、まずは「麻酔の痛み」自体を軽減します

masui歯科治療では、痛みを抑えるために、「麻酔」をかけます。ところが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

当院では、麻酔のときは、表面麻酔を使用し、針を刺す麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

 

2.麻酔薬の注入時にも、高度なテクニックを使います

麻酔の針のささる痛みを抑えても、その後には麻酔薬を注入する痛みもあります。その痛みの原因は、麻酔を注入するスピードによる余計な圧力です。

当院では、ゆっくりと麻酔を注入することで痛みを抑えています。また、細い針を使ったり、麻酔薬を体温程度に温めたりなどして、痛みを減らしています。

説明なしで治療はしません

“歯医者は何されるかわからないから苦手”そんな方はいませんか?

ご安心ください。当院では十分な説明なしに治療することはありません。

現在の状態、病気の成り立ち、治療法、今後の見通しなど、とにかく説明の多い歯医者だと思います。

“歯医者に行ったら歯を抜かれて…”私が悲しい気持ちになる言葉です。

抜歯になるにも必ず理由があり、それは治療のはずなのです。

“胃ガンで胃を取られて…”なんて言いませんよね?

誤解しないでいただきたいのは、患者さんを責めているのではなく、“抜かれて”と言われるようでは歯医者はダメだということです。

 

なぜ歯を抜かなければならないのか?抜かない場合どんな悪いことがあるのか?もし抜いた場合、その後どうするのか?

これらもしっかりと説明し、同意が得られなければ、抜歯はしてはいけないのです。

 

話が“抜歯”になってしまいましたが、当院が一番重視していることは、“どうすれば歯が長持ちするか?”“今後の人生でなるべく歯で苦労しないためにはどうしたら良いか?”ということです。

そのために、当院ではたくさん説明します。内容がわからなくなってしまうこともあると思いますが、また何度でも質問してくださいね。

 

見えない部分の治療を大事にします

0367001001皆さんにとって『歯』というと、歯のアタマの白い部分を想像されると思います。
歯のアタマの部分(歯冠)の下には、それを支える根(歯根)があり、歯根を支えるのは、骨(歯槽骨)及びその周囲の歯肉などです。

わかりやすいように家に例えてみましょう。

歯を支える部分というのは、家でいえば基礎の部分にあたります。基礎工事が手抜き工事だったら、どんなに立派な豪邸を建てても長持ちしません。逆に、基礎がしっかりしていれば、家が古くなってもリフォームでキレイにできます。

 

同じことが歯にもあてはまります。

土台や根、歯周組織(骨や歯肉)がしっかりしていれば、例えば被せ歯が欠けたり変色しても、新しく被せ直すだけで済むのです。

被せ歯にしてもつめ物にしても、残念ながら一生もつものはありません。だからこそ、見えない部分が大切なのです。

 

当院の“見えない部分”の治療について

 

診療受付時間

平日 9:30~12:00/14:00~18:00、土日9:00~11:30/13:00~15:30、祝日は休診です。その他休診日は診療カレンダーをご確認ください。 お問い合わせ・ご予約はこちら 0144-35-1777