マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)当院では、最新のマイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)を導入し、より正確で精度の高い治療を行っております。

歯はとても小さな器官であり、口腔内にあるため見えずらさも伴います。
そのためどうしても肉眼では限界がありますが、マイクロスコープを用いることで、その状況は大きく改善されます。

最大で20倍以上に拡大することにより、見えていなかったものが見えるようになり、より詳しい検査、診断、そしてより精密な治療ができるようになります。

マイクロスコープの見え方

特に感染根管治療では、マイクロスコープは必須ですし、被せ歯の適合や研磨の状態、セメントの取り残しのチェックなどにも使用します。
また、歯根破折の診断や、歯周病などの手術に用いることもあります。

通常の診療で、マイクロスコープを使用しない場合も、拡大鏡を用いて治療していますので、ご安心ください。