説明なしで治療はしません

“歯医者は何されるかわからないから苦手”そんな方はいませんか?

ご安心ください。当院では十分な説明なしに治療することはありません。

現在の状態、病気の成り立ち、治療法、今後の見通しなど、とにかく説明の多い歯医者だと思います。

“歯医者に行ったら歯を抜かれて…”私が悲しい気持ちになる言葉です。

抜歯になるにも必ず理由があり、それは治療のはずなのです。

“胃ガンで胃を取られて…”なんて言いませんよね?

誤解しないでいただきたいのは、患者さんを責めているのではなく、“抜かれて”と言われるようでは歯医者はダメだということです。

 

なぜ歯を抜かなければならないのか?抜かない場合どんな悪いことがあるのか?もし抜いた場合、その後どうするのか?

これらもしっかりと説明し、同意が得られなければ、抜歯はしてはいけないのです。

 

話が“抜歯”になってしまいましたが、当院が一番重視していることは、“どうすれば歯が長持ちするか?”“今後の人生でなるべく歯で苦労しないためにはどうしたら良いか?”ということです。

そのために、当院ではたくさん説明します。内容がわからなくなってしまうこともあると思いますが、また何度でも質問してくださいね。