②入れ歯の見た目が気になる

“入れ歯のバネが嫌”という方は多いですが、この際によく用いられるのが、「ノンクラスプデンチャー」と言われるものです。
バネがなく、見た目は良いのですが、入れ歯自体がフニャフニャと曲がってしまうものなど、義歯として必要な設計を満たしていないものが数多く見られます。入れ歯が動くということは、支えている歯を揺さぶって悪くするということです。
当院では、見た目の良い入れ歯であっても、しっかりと咬め、残った歯を守るための設計にこだわります。

これは、「歯冠外アタッチメント」を用いた症例です。
歯冠外アタッチメント

予算の関係でノンクラスプデンチャーを採用する場合もありますが、最低限の金属を用いた構造は付けさせてもらっています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーの例
 

※歯冠外アタッチメント、ノンクラスプデンチャーは症例ごとにお見積りとなりますので、ご相談ください。