入れ歯が「いずい」方

金属床義歯

保険で作れる義歯の材料は、主にレジンという樹脂です。強度を保つためにはある程度の厚みが必要であり、“いずい”の原因であることがあります。この樹脂の部分を金属で作るのが金属床義歯です。

rejin kinzoku

(レジン床義歯/金属床義歯)

<金属床義歯のメリット>

  • 薄く作ることができ、違和感が少ない
  • 熱を伝えるため、ごはんがおいしくなる
  • 壊れにくい

 

<料金>

※総義歯の場合。部分床義歯は症例ごとにお見積り

コバルト床義歯 200,000円(税別)
チタン床義歯 300,000円(税別)
ゴールド床義歯 500,000円(税別)

 

ノンクラスプデンチャー

入れ歯のバネが嫌いという方にオススメです

nonclaspdenture

<ノンクラスプデンチャーのメリット>

  • 見た目が良く、入れ歯だと気付かれにくい
  • 装着感が良い
  • 壊れにくい

<料金>

ノンクラスプデンチャー 120,000~200,000円

※症例・設計によります。ご相談下さい。

 

軟性裏装

vertex入れ歯の内面にやわらかい素材を貼りつける方法です。定期的に貼りかえが必要ですが、内面がクッションのようになるので、痛みが軽減されます。

向かって左側に軟性裏装材が貼ってあります。

※実際に半分だけ行うことはありません
※写真はベルテックスです

<料金>

ベルテックス 30,000円(税別)
※材料の寿命は1~1.5年
コンフォート 150,000円(税別)
※材料の寿命は3年以上